menu

テレまめ

【さんまのまんま】9月でレギュラー放送終了

http://www.ktv.jp/mamma/index.html

明石家さんまが司会を務めるフジテレビ系トーク番組「さんまのまんま」が9月いっぱいでレギュラー放送を終了することになった。さんまにとって最長寿冠番組が31年6カ月でピリオドを打つことになる。10月以降はスペシャル番組として年に2回の放送を予定している。

さんまの自宅に見立てたセットに、ゲストがインターホンを鳴らして訪問。お土産をもってきたゲストを、さんまが飲み物でもてなし、台本のない自由なトークを繰り広げる。ゲストの魅力や本音を引き出すさんまの話術が人気だった。


番組は1985年4月、初回ゲストに榊原郁恵を迎えてスタート。タイムリーなゲストも次々と登場した。元妻の女優、大竹しのぶと初共演したのもこの番組だった。


放送回数は1442回、ゲストはのべ2000人以上。数多くの冠番組を持つさんまにとって最長寿の番組だった。10月以降はスペシャル番組として継続。年2回の放送を予定しており、今秋に「さんまのまんまスペシャル」が放送される。(Yahoo!ニュース<8月4日付>より

いやぁ、何にでもいつか終わりは来るもんなんですねぇ。郁恵ちゃんの出た初回を見た覚えがあります。しのぶさんが出た回も。

さんま「お子さん、今何才なんですか」
しのぶ「えっと…、『2』です」
さんま「大竹さん!?」

この会話に大笑いした覚えがww

レジェンドとも言うべき大物芸能人を迎えたり、数々の若手アイドルを泣かせてきたり、大騒ぎのトーク番組でしたね。お正月スペシャル恒例の「お笑いニューカマー発掘」は存続してくれるのでしょうか。いろいろと楽しみが多かった番組が終わるのは寂しいですね。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト