menu

テレまめ

ARCHIVEさっちゃんはね♪

ネイティブ!【親バカ青春白書】

先週、最終回を迎えた「親バカ青春白書」(NTV)。親と子の関係、友達との関係などに悩むさくら(永野芽郁)は、得意なはずの料理の味付けにも支障をきたす有様。そんなさくらが送った醤油豆の味付けがおかしい事に気づいた祖母の多恵(高畑淳子)が、さく…

無理しない。

とにもかくにも、コロナに振り回されっぱなしの今年で、テレビの中も春に始まるはずだったドラマやすでに始まっていたドラマが撮影できなくなったり、撮影が再開しても感染予防に配慮する必要があるため、進行が捗らなくなっているという事情があるようです。…

世界は繋がっている【MIU404/私の家政夫ナギサさん】

先日の金曜に放送された「MIU404」の最終回を見て、もちろんハラハラしながら本筋のストーリーを追いながらも、画面のどこかに多部未華子さんが通りすがるのではないかと、期待を込めて探していたさっちゃんです、コンバンハ。 というのも、その週の…

宵ドロ【私たちはどうかしている】

以前はお昼の定番だった連続ドラマ。骨肉の争い、愛憎劇など、重い悲劇要素が次から次へと襲い掛かり、ドロドロとした内容になることから昼ドラならぬ昼ドロなんて呼ばれていたものでしたが、そんな路線に近いと思えるのが、ドラマ「私たちはどうかしている」…

夢をかなえて?

ドラマの世界はもちろん虚像の世界なのは分かっているのですが、時として不思議なリンクでつながることがあります。 「アンサング・シンデレラ」(フジテレビ)は、病院の薬剤師が主人公の物語。そこで、ヒロインの石原さとみさんをはじめ、薬剤部の同僚を…

次の13年後は?【ハケンの品格】

コロナ禍の影響という側面はあるんですが、13年ぶりの「ハケンの品格」シーズン2が、通常よりも短い全8話にて終了してしまいました。 13年経っても派遣社員の扱いが軽視されている部分と、新しいメンバーが春子(篠原涼子)を格好いい!と称える部分…

雑感【私の家政夫ナギサさん、半沢直樹、ハケンの品格ほか】

遅れていた春ドラマが始まったかと思えば、回数を調節してもう最終回を迎えるものがあったりで、3か月の1クール全10話パックに慣れきってしまったテレビ脳がいささか混乱気味です。 なんとなく認識していたバラエティ番組のなかで、なんとなく同一番組…

その後も日々はつづく【アンサング・シンデレラ】

フジテレビの新ドラマ「アンサング・シンデレラ」は、病院が舞台の医療ドラマではありますが、主人公は薬剤師だという、今までになかった視点です。 考えてみれば、お医者さんよりも薬のほうが患者さんと直結しているアイテムなのに、薬剤師さんの存在は忘…

散らかっているのは部屋だけ?【私の家政夫ナギサさん】

今年のステイホーム期間中に、世の中では「断捨離」を敢行する人が増えたのだそうです。それを聞いて、なるほどそういう手もあったのだなと、後から気がつく我が家は、汚部屋寸前のものの多さです。 これをプロの方にそっくりやってもらえるのなら、なんて…

LINK【わたしの家政夫ナギサさん】

今クールは、新型ウイルスの脅威という理由から新ドラマの放送開始が各局共にずれ込んだわけですが、従来のように、新番組が3か月ごとに一斉にスタートするよりは、こんな風に三々五々始まるというのもイイのではないかと感じている今日この頃です。 さて…

さらに記事を表示する

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト

アーカイブ