menu

テレまめ

ARCHIVEさっちゃんはね♪

SING A SONG【エール】

朝ドラ「エール」が、通常の時期より一か月遅れで最終回を迎えました。今年はすべてのことが新型ウィルスの影響を受けているとはいえ、このドラマに関しても、撮影ストップによる放送休止、予定よりも2週分の内容カットとなりました。 今年開催されるはず…

こいごころ、秋の乱【#リモラブ】

ドラマの同クールの中で、「事件モノ」や「医療モノ」など、似たジャンルが偏ってしまうことは実はよくある傾向だったりするのですが、現在のクールのドラマ全体を見渡してみて気がつくのは、「恋」がいっぱいあること。 この恋あたためますか(TB…

再び朝ドラを数える

以前、やはり「朝ドラを数える」というサブタイトルで書いた回がありましたが、その時はちょうど朝ドラ「ひよっこ」が終了した直後で、見ていた番組に登場する役者さんが「ひよっこ」に出ていた方たちばかりという現象が起こったからでした。「ひよっこ」は群…

落差振り幅ジーエーピー【極主夫道】

ドラマを見るにあたって、期待は裏切られたくないですが、予想は裏切られたいもの。クオリティは高く、展開は奇想天外に。贅沢な注文ですが、そうでなくては面白くないですものね。そしてその中には、ドラマの設定はもちろん、キャスティングの意外さも入って…

のび太青年の事件簿【危険なビーナス】

TBSの日曜劇場、現在放送中は資産家の遺産を巡るサスペンスの「危険なビーナス」。原作が東野圭吾さんと聞いては、興味をひかれずにはいられません。 獣医師の手島伯朗(妻夫木聡)のもとに、異父弟・明人(染谷将太)の妻を名乗る楓(吉高由里子)…

新しい日常【リモラブ】

緊急事態を経て、その後の心構えは「with コロナ」。テレビの中では、まずバラエティ番組は出演者の立ち位置にディスタンスが配され、さらに間にはアクリル板を設置、外ロケの場合は透明タイプのマスクやフェイスシールドを着用して、できるだけ接近を避…

アイドル考

先週の悪女の考察の中に、「半沢直樹」(TBS)でひたすらに憎たらしい平山美幸役を演じた南野陽子さんを挙げるのを忘れていたさっちゃんです、コンバンハ。 彼女の代表作「スケバン刑事」のキャラクターも「ワル」のカテゴリーじゃないかとも解釈できそ…

悪女考

クールのずれを調整しつつ、夏ドラマが終わりました。内容的にも多様だった感がありますが、なかでも色々とツッコミどころもたくさんあったのが、日本テレビの「私たちはどうかしている」ですかねぇ。 「半沢直樹」(TBS)が現代歌舞伎とするならば、「…

ネイティブ!【親バカ青春白書】

先週、最終回を迎えた「親バカ青春白書」(NTV)。親と子の関係、友達との関係などに悩むさくら(永野芽郁)は、得意なはずの料理の味付けにも支障をきたす有様。そんなさくらが送った醤油豆の味付けがおかしい事に気づいた祖母の多恵(高畑淳子)が、さく…

無理しない。

とにもかくにも、コロナに振り回されっぱなしの今年で、テレビの中も春に始まるはずだったドラマやすでに始まっていたドラマが撮影できなくなったり、撮影が再開しても感染予防に配慮する必要があるため、進行が捗らなくなっているという事情があるようです。…

さらに記事を表示する

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト

アーカイブ