menu

テレまめ

【あまちゃん】フィリピンで放送

NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が、フィリピンで放送されることになった。フィリピンで朝ドラが放送されるのは1990年の「おしん」以来25年ぶりで、実は、苦労を重ねる「おしん」のストーリーはフィリピンでいま一つ人気が出なかったという。

「あまちゃん」の放送は10月からで、今回はタガログ語での吹き替え版となり、ドラマの挿入歌「暦の上ではディセンバー」「地元に帰ろう」のタガログ語版もリリースされる予定とのこと。(Yahoo!ニュース<8月20日付>より)

「あまちゃん」は今、BSで再放送中ですね。失踪してたユイちゃんのママが帰ってきたあたりです(^◇^)三陸の訛りなどもどう表現するのでしょうね?「地元に帰ろう」の歌詞で「お寿司をオススと言ってた私」ってどう訳するの?

そもそも、「あまちゃん」の面白味は、随所にちりばめられた小ネタだと思うのですが、そのあたりは海外の人にはどういうウケ方をするのでしょう?なんだか疑問が山積みなんですが、さて、どんな結果になりますやら。

暗い話がウケないのなら、「ケセラセラ(なるようになる)」がテーマで、ドラマ内で唐突にミュージカルが始まっちゃう「てるてる家族」(2003年制作)あたりもいいと思うんですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト