menu

テレまめ

http://www.nhk.or.jp/kouhaku/

我が家では、2015年の大晦日は「紅白歌合戦」と「笑ってはいけない名探偵」をダブルで視聴して暮れてゆきました。

当初、今回は「笑っては〜」に専念しようかなという気もあったのですが、紅白の特別審査員に大泉洋さんが出るということで、ダブルで音出し。なにせ、出場歌手と違って、いつカメラ前に出てくるか予想できないもので。対音感の持ち主なら気分悪くなるだろうというような賑やかさでした。ココだけの話、大泉さんの本心は審査員よりも歌手として出演したい野望があるようですよ。いつの日か叶うことを心から祈念します。

白組で出場した星野源さんのアルバムのバックミュージシャンとして、「オカモトズ」のベーシスト・ハマオカモトさんが参加されていて、時にはテレビ出演時の演奏も担当されることがあるのですが、このハマオカモトさんとは、ダウンタウンの浜田雅功さんの長男。紅白で演奏となれば、まさかの親子で裏番組対決?と少し期待したのですが、この妄想は実現ならずでした。

また、「裏」といえば、前回から実施されている「紅白裏トークチャンネル」。NHKホールの客席の一部にブースが設けられていて、そこにバナナマンが座り、副音声で気ままにステージングに突っ込みを入れていく企画が、今回も行われました。

もちろんバナナマンだけではなく、出場歌手や特別ゲストの方たちも、出演の合間を見計らって裏トーク席に現れるので、ここでも一風変わった楽しみ方ができました。

1年前の裏トークでは、西川貴教さんがゴールデンボンバーの演奏中に一緒に歌い始め、しかもそれが本意気の声量だったもので、お客さんがステージよりもそちらに注目してしまい、途中でスタッフに席から外へ連行される事が起きました。今回は西川さんは出場歌手ではなかったのですが、なんと裏トークのためだけにNHKホールに現れるという大胆行動に出てしまいまして、やはり「女々しくて」を合唱する事態に(笑)。

「紅白VS裏番組」という図式は、古くはコント55号が「裏番組をぶっ飛ばせ」と、今考えればかなり過激なタイトルの企画をぶつけてきた頃から、延々と続いています。今ではその裏番組に裏トークが付帯し、裏の裏が発生するというなんだか複雑な構図になってきました。

多チャンネルのバリエーションが増えて、楽しみ方の選択肢が増えたと見るか、落ち着いた視聴を望む声が増えるか、様々な意見が多くなるのは、それはそれでテレビにとっては良いことなのでしょう。

※元記事:コラム「さっちゃんはね、テレビが大好きホントだよ♪」(テレビる毎日公式メルマガ[週刊・テレビる毎日]第774号)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト