menu

テレまめ

【あさイチ】は「朝ドラ受け」がなくっちゃ!?

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/

NHKの情報番組「あさイチ」で、有働由美子アナウンサーとV6・井ノ原快彦がその日の連続テレビ小説の感想を語り合う名物フリートーク、通称“朝ドラ受け”が6月22日より不定期実施になり、視聴者からかなしみ落胆の声が上がっている。


同番組は、朝ドラの直後に放送されており、そのため番組冒頭の数十秒はいつも有働アナと井ノ原が朝ドラについて談笑するのが恒例となっている。ドラマの内容によっては、時として出演者が涙する事もあり、視聴者からは「朝ドラ受けまでが朝ドラ」と愛されてきた。


だが6月22日放送回の冒頭では、「朝ドラ受けをお待ちのみなさん、ごめんなさい」という太字のテロップが。そして朝ドラ受けをはさまず、新企画が放送された。23日放送回も朝ドラ受けはなく、その後も24日、26日以外はなしと不定期での実施となってしまった。

ネット上では、朝ドラ受け減少を嘆く声が上がっている。
同様の意見は番組にも寄せられているようで、有働アナは視聴者からのファックスを紹介したうえで、「様々な意見があるので、いろいろ試している」と説明した。(Yahoo!ニュース<6月30日付>より

今日は「うけ」があったようですね。私は主にBS放送の朝ドラを見ているので、地上波の方はたまにしか見ないんですが、以前の職場でオバサマがたの昼休みの話題は、「朝ドラ受けも込みの朝ドラの感想」というものが多かったように思います。朝ドラは放送時間が15分間で、ぐっとのめり込んだところで「つづく」が出てしまうことも多いので、余韻の収拾を「うけ」が文字通り受け止めてくれているのでしょうね。

22日のテロップは私も見ていまして、「あれ?受けはないの?この後の企画の中にどうして受けがないのかの理由とオチがあるのかな?」とまで思ってしまいました(得意の深読み・笑)。情報番組の視聴者に訴えかけるには「共有」や「共感」は大事な要素ですので、この「受け」はまさに「ツカミはOK」の事例だと思えて、私は復活希望派です。

ちなみに以前、昼の再放送(12:45~)に続く午後1時のニュースで、アナウンサー氏が「明日も、楽しみですね」という「受け」を言ったのを目撃したしたことがあります。言葉にしないまでも「絶対、今一緒に見てましたね?」風の表情をしている時も。こういうが楽しくないっていう人もいるのかなぁ。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト