menu

テレまめ

多くの名作を生んだTBSのドラマ放送枠「木曜9時」が今年秋からバラエティー番組の放送枠に変わることになった。7月期の「37.5℃の涙」が最後の作品となる。1971年からドラマ枠になって以来、「渡る世間は鬼ばかり」や「HOTEL」「3年B組金八先生」など話題作を放送してきたが、最近は視聴率で苦戦が続いていた。後任番組の詳細は不明だが、10月期の改編に合わせ、新たにバラエティー番組を放送する予定。(Yahoo!ニュース<6月24日付>より



先日まで「ヤメゴク」を放送していた枠ですね。個人的には「ザ・ベストテン」枠の印象もあるのですが、「HOTEL」「渡鬼」と聞けば、なるほどですね。もともとは「金曜8時」だった「金八先生」の受け皿にもなっていました。今ではドラマ枠として定着しているフジ「月9」も、昔は「欽ちゃん枠」だったワケですし、時代と共に色が塗り替えらて行くことは、必然の流れのようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト