menu

テレまめ

無名の新人歌手がドラマ主題歌に起用

23歳のシンガー・ソングライター、桐嶋ノドカが歌う「Wah(ワー)の歌」が、ゴールデンタイムのドラマに起用されることになった。寺脇康文が主演するテレビ東京「ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~」(7月11日スタート、金曜後7・58)の主題歌で、同曲はシングル化はせず、着うたが16日から配信される。
3月に音大を卒業し、プロとして歩み始めたばかりの桐嶋は、テレビ出演が1回もなければ、音楽誌への掲載も、インタビューを受けた経験も、自主制作のCDを作ったこともない。来年以降のデビューに向けて動き始めていた全くの新人を、テレ東が大抜てきした。(※Yahoo!ニュース<7月1日付>より

 どのような経過で目にとまったのか、そしてどんな歌なのか、気になるところですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト