menu

テレまめ

放送作家・鶴間政行さん

鶴間さんのつくる企画は、さすがに萩本ファミリーだけあって、視聴者や観覧者など一般人を巻き込んだり、一見地味ですが、クスっと笑えるようなものが多い気がします。「ライオンのごきげんよう」で言うと、席替えをしたり、その際、各ゲストがそそくさと自分のお菓子とお茶を持って移動したり、観覧者に「なさばな~~」などのフレーズを言わせる、なんていうのは、鶴間さんならではです。

筆者が知る限りでは、ザ・ドリフターズのように、食べ物を粗末にしたり、人の欠点を笑いにしたり、というような企画はありません。もちろん、そういった企画が面白いと感じることもありますが、それをあえてやらないところにその持ち味を感じます。

余談ですが、筆者が鶴間さんを知ったのは、今から32年ほど前です。当時、偶然みつけたラジオ番組がありました。それは、リスナーからの投稿(ハガキやカセットテープ)で構成されている、言ってみれば「欽ドン!」のような視聴者参加番組で、「大橋照子のラジオはアメリカン」(TBS系)という深夜放送でした。 その番組の構成を担当していたのが鶴間さん。彼は構成だけでなく、番組の引き立て役として、リスナーの投稿に対して笑ったり、つっこんだりと、自ら出演もしていました。

鶴間さんの作る企画や笑いは、とても自分好みで、すぐにファンになりました。 そんな鶴間さんに一度だけ、番組のキャンペーンでお会いしたことがあります。ひと言ふた言交わしただけでしたが、ラジオのイメージとは違って、爽やかで優しそうなお兄さんでした。かなり背が高かったのを覚えています。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト

アーカイブ