menu

テレまめ

【半分、青い。】北川作品にトヨエツ登板

半分、青い。

豊川悦司が、永野芽郁主演で4月から始まるNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」に出演することが分かった。今回が朝ドラ初出演で、ヒロインの師となる少女マンガ家・秋風羽織を演じる。

秋風は、人気作品を次々に生み出す売れっ子少女マンガ家。その作風に反して、実は偏屈で編集者泣かせという人物。

秋風は「東京・胸騒ぎ」編からの登場で、秋風のマネジメントを行う菱本若菜を井川遥、秋風のアシスタントで同性愛者の美青年・藤堂誠を志尊淳、同じく秋風のアシスタントで主人公の生涯の親友となる小宮裕子を清野菜名が演じることも決定。またヒロインの幼なじみの律(佐藤健)が運命を感じる美少女・伊藤清役で古畑星夏、律の大学での同級生・朝井正人役で中村倫也の出演も発表された。

「半分、青い。」は、北川さんのオリジナル作品。1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。4月2日スタートで、全156回を予定。(Yahoo!ニュース<1月10日付>より

北川悦吏子作品に豊川悦司!もーお、ドラマ史上最大級に好きな作品「愛していると言ってくれ」がよみがえる!そして役どころは編集者泣かせの偏屈センセイ。大フェイバリット作品「Love story」と重なる!朝からキュンキュンしそうな予感です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト

RSS へのコメント

  • エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。