menu

テレまめ

すれ違いはドラマのはじまり【タモリと鶴瓶】

イヤイヤイヤ、この2週間ほどテレビのバラエティ番組で大泉洋さんを「なまら」(北海道弁で「すごく」の意)見ましたねぇ。

今週から公開になった、映画「駆込み女と駆出し男」のプロモーションのためで、もちろん私はファンですので「あ!また出てる!」「わ!ここにも!」と、喜んでいたのですが、あまりの露出ぶりに「ファンでない人が見たら『またかよ!』って怒り出すんでないべか…」と余計な気を回しそうになるほどでした(笑)。

最近のHDDレコーダには「キーワード登録」なる機能がありまして、私も、好きなタレントさんが出る番組は見逃がしたくないファン心理から、いくつかのお名前を登録しています。

そうすると、デジタル放送の番組情報の中にそのお名前があれば、レコーダが自動的に録画をしてくれて、自分で予約しなくても文明の利器の恩恵に預かれるってェ寸法です。ただそうなりますと、例えば朝ドラ「まれ」だと、自分で毎日予約した番組と、自動予約で入った朝の放送と昼の再放送、土曜と日曜の「5分でまれ」、日曜の「まれ一週間」も全部録れちゃう(笑)。

同様に今週何度も録画されていたのが「タモリと鶴瓶」なる番組です。「その1」のゲストが大泉さんだったので録画されていたのですが、再生してみると番組はたったの5分。内容はと言いますと…。

http://www4.nhk.or.jp/P3576/

「ブラタモリ」の収録のためにNHK放送センターにやってきたタモリさん。廊下で「まれ」スタンバイ中の大泉さんと出会い、笑福亭鶴瓶さんに会ったら、と伝言を託されます。「雨が降ったら、ちくわぶが欲しい」。しばらくすると大泉さんの前に「家族に乾杯」の収録を終えた鶴瓶さんが。今度は鶴瓶さんからタモリさんへの伝言を預かります。「ちくわぶは何とかしますけど、井戸は掘っていいんですね?」。謎がさらに深まったところで、大泉さんは本番のためスタジオへ。

「その1」はこれで終わり。見る前も見終わってからも謎の5分間!こうなったら、「その2」の放送を見るしかなくなっちゃうじゃない。ちなみに「その2」のゲストは有働由美子アナで、18日に放送されます。(18日を見逃しても再放送多数。)NHKにいるタレントさんがゲストですから番組宣伝が主たる目的なのでしょうけど、それにしてもなかなかにアバンギャルドな見せ方ですねぇ。

「ロミオとジュリエット」しかり「君の名は」しかり、男と女のすれ違いは、昔からドラマのテーマにありますが、オッサン同士のすれ違いには、さて、どんな真相が!?

でも「その1」で大泉さんも言っていますが、今の時代「電話すれば済む」んですがね(笑)。

※元記事:コラム「さっちゃんはね、テレビが大好きホントだよ♪」(テレビる毎日公式メルマガ[週刊・テレビる毎日]第741号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト