menu

テレまめ

「花子とアン」で棒読み演技な人

脳科学者の茂木健一郎氏(51)がNHK連続テレビ小説「花子とアン」でドラマデビュー。25日放送回より小鳩書房社長の門倉幸之介役として登場したが、棒読みな演技が話題を呼んでしまった。(※Yahoo!ニュース<9月25日付>より)

茂木さんは素人なのだから棒読みで当然。仕方がないですよね。それより、茂木さんをキャスティングした制作側がいけない。低視聴率ドラマなら視聴率アップのためにスペシャルゲストを投入することはよくありますが、「花子とアン」は高視聴率ドラマですからね。それに、ちょい役ならいいですが、ああいう重要な役はちゃんとした役者にやってもらいたいですね。

ところで、茂木さんのドラマレビューは「花子とアン」ではないはずです。「みんなエスパーだよ」(TX)では、レギュラー出演してました。確かにその時も棒読みでしたが(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト