menu

テレまめ

【仙道敦子】25年ぶり女優復帰

女優の仙道敦子が7月から始まるTBS系日曜劇場「この世界の片隅に」に出演することが発表された。仙道の連続ドラマ出演は93年「徹底的に愛は…」以来、25年振り。
仙道は主人公すず(松本穂香)の母・浦野キセノ役。

同ドラマはこうの史代さんの原作漫画で、戦時中に広島県江波から呉に嫁いだヒロインの日常を丹念に描いた作品で、ヒロインのすずには3000人のオーディションから松本が選ばれ、すずの夫・周作は松坂桃李が演じる。(Yahoo!ニュース<6月4日付>より

これは嬉しい!仙道敦子さん、大好きな女優さんです。
昨年11月に書いた「妄想ドラマ企画書2」で思い描いた「テキヤの信ちゃんアゲイン」の企画、実現して欲しいなぁ!もちろん仙道さん出演で。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト

アーカイブ