menu

テレまめ

【そして誰もいなくなった】日本で初映像化

そしだれ

仲間由紀恵が、今春放送のテレビ朝日系2夜連続ドラマスペシャル「そして誰もいなくなった」に主演することになった。

1939年に刊行され、全世界で累計1億部以上を売り上げる英作家アガサ・クリスティの長編推理小説が、日本で映像化されるのは初めて。


孤島にあるホテルに招待された10人の客が、次々と殺されていき、最後には全員が殺され、後日10体の死体が発見されるというミステリー作品。孤島のホテルに招待される10人を演じるのは、仲間のほかに渡瀬恒彦、津川雅彦、余貴美子、柳葉敏郎、大地真央、向井理、國村隼、橋爪功、藤真利子。


今作では、江戸川乱歩賞作家の長坂秀佳氏が脚本、ドラマ「相棒シリーズ」の和泉聖治氏が監督し、日本版にアレンジした。(Yahoo!ニュース<1月31日付>より

どのキャストをしても主役を張れるレベルで、劇場用映画のような豪華さです。実力派の演技バトルが楽しみになりますよね。骨太で上質なドラマに仕上がってくれそうで期待値が上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト