menu

テレまめ

【ごきげんよう】最終回は小堺ひとり舞台

http://www.fujitv.co.jp/gokigen/index.html

3月31日をもって25年3カ月に渡る放送を終了するフジテレビ系「ライオンのごきげんよう」(月-金曜、後0:55)の最終日は、小堺一機が独り語りの形で、前身番組の「いただきます」から数えて31年半となる長寿番組の最後を飾る。

また30日は明石家さんま、関根勤、中山秀征をゲストに迎え、同夜には「大物だらけのサイコロSP」と題して和田アキ子や泉ピン子、萩本欽一、堺正章、北大路欣也、上沼恵美子、宮根誠司らが出演する特別番組を放送。最終日となる31日は「31年半の大感謝!小堺一機独り舞台!」と題し、小堺一機が一人で最後を締めることになる。(Yahoo!ニュース<3月29日付>より)

番組が終わってしまうことは以前にもお知らせしていましたが、本当に終わっちゃうんですねぇ。

小堺さんがかつて仰っていたのですが、長年に渡り数多くのゲストの方を迎えてトーク番組を続けてきた事は、まるで「千本ノック」を受けているようだったそうです。小堺さんは、もともと機知に富んだ方ではありますが、30年以上の千本ノックを受けて臨機応変なMC術を培ってこられたことは誰もが認めるところでしょう。

「いいともロス」並みの「ごきげんようロス」が襲ってくることは避けられそうもありませんね。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト