menu

テレまめ

にゃんにゃん〜猫が出てくるCM5選

息子の高校入試は終了しましたが、合格発表が今週の水曜日のため、引き続きナーバスな日々のさっちゃんです、コンバンハ。

ところで、その当の息子は「猫の日生まれだから猫派」を自負しているのですが、猫派ならずともついつい注目してしまうのが、「Y!mobile(ワイモバイル)」の猫CMです。

仏頂面をした猫の「ふてネコ」が軽トラックを運転しながら、廃品(不要携帯)回収して街中を回るもの。最新のバージョンでは、ふてネコがお風呂につかりながら、呟くようにあるいは呻くように「あなた」の替え歌を唸っているというもの。

ふてネコのシリーズはこれまでも、カフェの窓際や電車の中にも出没していましたが、なんだかジワジワ沁みてくる味わいがありますね。あの表情というか、猫だからもともとあの顔立ちなのですが、人に媚びない感じがいいのでしょうね。ソフトバンクのお父さん犬CMと、双壁をなす勢いです。

猫を擬人化するCMといえば、リクルートの旅行情報誌「じゃらん」に登場する「にゃらん」も可愛いですね。初代にゃらんとその弟子の二人(?)旅の後、この度、弟子が「二代目にゃらん」を襲名し、新たに人間のお友達ができるバージョンが現在放送中です。女の子から巻貝の帽子(または冠?)をもらい、戸惑いながらも「う…嬉しッス」とお辞儀する姿がなんともキュート。

猫が猫として登場するCMでは、YKK APの窓シリーズですね。猫が窓辺に寄り添う姿は、なんだかとっても絵になります。

キャノンのプリンタ「PIXUS」では、桐谷美玲さんが、とっても猫好きないわゆる「猫バカ」な女性として登場します。あくまでCMの主役は桐谷さんではありますが、「猫」の要素が切り離せない存在に。

少し前にロッテのガム「Fit’s LINK」のCMで、滝藤賢一さんがガムを噛んでご機嫌な気分になるというのが、大きな猫に銜えられて出勤する映像に表現されていました。これも主役ではなくとも大きな存在感でした。というか、確かに巨大すぎて画面の半分に存在していましたけどね(笑)。

猫がCMに起用されるのは、猫の姿を見るだけで、あの「やわやわもふもふ」な感じを思い出させて癒される気分になる、そんな意識の奥に訴えかける効果を期待しているのかもしれませんね。

※元記事:コラム「さっちゃんはね、テレビが大好きホントだよ♪」(テレビる毎日公式メルマガ[週刊・テレビる毎日]第732号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト