menu

テレまめ

ドラマ「地獄先生ぬ〜べ〜」はコントです。

人気コミックが実写化されると、原作ファンから「原作と違う」などと大ブーイングが起こることがよくあります。今季の日本テレビ新土曜ドラマ「地獄先生ぬ〜べ〜」もそのようで、原作と舞台設定が違うとか、ヒロインの律子先生は桐谷美玲ちゃんのように痩せてないとか、大ブーイングが起こっているようですね。ただ、原作者(作画担当)の岡野剛氏は好意的で、「大目に見て」などとツイッターでつぶやいているそうですが。

http://www.ntv.co.jp/nube/

地獄先生ぬ〜べ〜公式サイト

そもそも、今回の実写版「地獄先生ぬ〜べ〜」をドラマとして見てはいけません。あれはコントです。(笑)

特に、高橋真麻演じるトイレの花子さんは、あきらかにコントに出てくるキャラですよね。今回の「地獄先生ぬ〜べ〜」も、ドラマでなく長編コントとして見れば、それなりに楽しめると思います。

それでもいろいろイチャモンを付ける人は、そもそも見なければよいのです。原作ファンも、今回の「地獄先生ぬ〜べ〜」を「原作を忠実に実写化したモノ」ではなく「原作をモチーフにした別モノ」と捉えるべきだと思います。

それよりも筆者は、出演者たちのダイコン棒演技のほうが気になります。(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト