menu

テレまめ

【半分、青い】ヒロインは胎児から

半分青い

永野芽郁がヒロインを務め、4月2日からスタートする次期NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の第1週完成試写会が行われた。

北川悦吏子氏のオリジナル脚本で、岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴したヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)が、高度経済成長期の終わりから現代を駆け抜け、一大発明を成し遂げる物語。

同作は朝ドラ史上初、ヒロインが胎児の時から描かれる。
北川氏は「胎児から始まるのを最初からやりたかった。書くのを反対されたりしたのですが、よく具現化してくれたって思いでいっぱいです」と感無量の様子だった。(Yahoo!ニュース<3月9日付>より)


「あさが来た」は江戸時代からスタート、「とと姉ちゃん」は生涯未婚のヒロイン、「マッッサン」は外国人女性ヒロイン、いろんな「朝ドラ史上初」があります。ちなみに、「半分、青い」の次作「まんぷく」のヒロイン役の安藤サクラさんは、ママさん女優でヒロイン抜擢というのが史上初だそうですよ。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト

RSS へのコメント

  • エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。