menu

テレまめ

少し前から、とても好きなCMがありまして。

列車の座席に座る60代ほどのふたりの女性。ひとりの女性はとても不安そうな表情。それを見たもうひとりの女性は心配して声をかけます。

「主人を残して一人旅なんて初めてで…」
「私は、今から旦那のところへ。6年ぶり」

話をしながらふたりの表情がほぐれた頃、発車を告げるベルが聞こえます。

「出発だわ」
「…はい。」

ふたりはどちらともなく、車窓の外へ眼差しを向けます。そこへ映し出される文字は、

『いい旅立ちを。』

そこで、見ている者はその旅とは「死出の旅」だということを悟るのです。

これは、村田葬儀社という葬儀会社のCM。あまりの秀作のため、後になってから気がついたのですが、村田葬儀社さんは愛媛県松山市にある会社であり、つまりこのCMはローカルCMだったのです。

このCM、男性編もあって、こちらはお互いの孫のことを話しているうちに発車のベルが…というもので、ラストは同じく『いい旅立ちを。』で締められます。

女声の静かな独唱のBGMにのせて、とても静かな気持ちになるのは、送られる人はこんな気持ちになっているのかな、と想像できるからなのかもしれません。動画検索などで視聴可能だと思いますので、ぜひ見ていただきたい。

逆に、ちょいと「んっ?」という感じを憶えるCMがありまして。

某保険会社のCMで、夫婦が営む温泉旅館に外国人の家族がやってくるものの、意思の疎通がちぐはぐになって…というもの。

CMコンセプトとしては「外国人家族との交流を通じて…」とあるのですが、外国人の要求を自分勝手に解釈してしまう宿主と、外国でも自国語で押し通す客一家の、お互いに歩み寄らない状態を「交流」とは思えなくて、どうしてもユーモラスとは受け取れない気がするからです。

相手の気持ちを慮る態度に、なんとなく差が出てしまった二社のCM。もちろん、あくまでも個人的な意見とさせてください。

※元記事:コラム「さっちゃんはね、テレビが大好きホントだよ♪」(テレビる毎日公式メルマガ[週刊・テレビる毎日]第883号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト