menu

テレまめ

【三太郎音頭】盆踊りで人気

三太郎音頭

スマートフォン「au」のCMソング「三太郎音頭」が、全国各地の盆踊り会場で採用され人気を集めている。

“三太郎シリーズ”と呼ばれるCMで流れているもので、俳優の桐谷健太がCMで演じている「浦島太郎」の名義で発表した曲だ。
6月に放送が始まると、桐谷の個性的な野太い声とシンプルで明るい曲調がマッチし、たちまち話題に。

先月の「中野駅前盆踊り大会」など、都内有数の規模を誇る大会で続々と使用され、今月5日には桐谷が、渋谷駅前スクランブル交差点を封鎖しての「渋谷盆踊り大会」にサプライズで登場した。

CMで広い層になじまれているとともに、踊りが比較的覚えやすい。公式ホームページには踊り方が動画で紹介されており、曲が配信でリリースされると反響が加速。保育園や幼稚園など、子供向けの盆踊りでも、多数の会場で使われた。(Yahoo!ニュース<8月16日付>より

「三太郎音頭」に限らず、ノリのいいJ-POPで盆踊りを踊るのが、最近の傾向なんですってね。考えてみりゃ、「炭坑節」だって「東京音頭」だって、当時の流行歌だったはずなんですもの。広い世代に馴染みのある曲を使用することで、参加者も広い年代となって、廃れかけた盆踊りの文化に復活の兆しがあるようですよ。そんな中でもCMソングというのは、浸透度が高いはずですから、重宝なアイテムになり得ますね。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト