menu

テレまめ

渡瀬さん不在の【9係】

9係

3月14日に多臓器不全のため亡くなった俳優の渡瀬恒彦さんが主演を務めてきたテレビ朝日の「警視庁捜査一課9係」が12日にスタート、初回の平均視聴率は11・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。


渡瀬さんが演じたのは、警視庁検挙率ナンバーワンを誇る「9係」の係長で、“昼行灯”と揶揄されながら実はキレ者の加納倫太郎。渡瀬さんは病室に「9係」の台本を持ち込み、仕事復帰に意欲を燃やしていた。


テレビ朝日の早河洋会長兼CEOは定例社長会見で「今回の『9係』は主人公は不在という設定で、1クール放送する予定」とした。(Yahoo!ニュース<4月13日付>より

事件の展開もさる事ながら、加納親子の距離感や、係長と浅輪との関係性も重要なドラマのファクターでしたから、ドラマが打ち切られることも忍びない、かといって渡瀬さん抜きでドラマが進むこともかなり切ない、ファンにとっては複雑な心境で迎えた初回だったと言えるでしょう。加納係長は他部署のアドバイザーの仕事に追われているという設定になりましたが、係長不在の9係はこの先どうなるでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト