menu

テレまめ

【日曜美術館】ピカソ×たけしの共通点を探る

日曜美術館

お笑い芸人にして、映画監督としても活躍する北野武が、NHK・Eテレで42年目に入る『日曜美術館』に初出演することになった。4月9日放送の「ピカソ×北野武」で、20世紀最大の画家、パブロ・ピカソ(1881~1973)の魅力を独自の目線で探っていく。

ピカソの絵画を見ると創作意欲を掻き立てられるという北野監督。ピカソには「青の時代」と称される時期があるが、北野監督も映画の全体的なトーンや小道具の色などによく青を使い、「キタノブルー」と呼ばれている。

番組では、MCの俳優・井浦新と、高橋美鈴アナウンサーが、北野監督に質問を投げかけ、ピカソと北野映画に通底するものも探っていく。多作で知られるピカソだが、北野監督があえて1枚を選ぶとしたらどの作品か。20世紀を象徴する名画「ゲルニカ」をどう見るか。興味深い内容になっている。(Yahoo!ニュース<3月22日付>より

単に「天才」の言葉で括ってしまうのはあまりに平た過ぎると感じられるほどに、奥の深そうなコラボレーションですね。脳内多チャンネルとでも言うのでしょうか。「凄いらしいけどよく解らないヒト・ピカソ」が、たけしさんの目を通した解説によってどのように紐解かれるのか、確かに興味深いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト