menu

テレまめ

【CM】望遠鏡の向きが逆!?

今月放映された三菱自動車工業のテレビコマーシャルで、星空を見つめるシーンに登場する反射式望遠鏡が逆向きになっていることが判明した。国立天文台の渡部副台長も「望遠鏡が逆向きじゃないかな」とツイートし、天文ファンらが騒然。すでに同社は問題の場面を削除したが、燃費不正問題からの再出発を図り、信頼の回復につなげたいはずのCMで、ミソをつけてしまった格好だ。

このCMは「2016 秋 再出発篇」。自動車の製造現場やテストコースで真剣に働くスタッフ、同社の自動車の横でキャンプを楽しむ顧客、来店者を見送る販売店の人々をまとめた30秒作品で、問題の場面は、夜のキャンプ場で、女性がのぞく反射式望遠鏡の鏡筒の向きが逆で、これでは星は見えず、地面しか見えない。

スタッフや出演者を含めて、撮影現場に望遠鏡および天体観測にくわしい人がおらず、チェックできなかったのが原因らしい。このCMは10月8日から放映が開始されたが、翌9日には指摘があった。15日からは問題の場面を削除したCMを流しているが、いつまで放映するかは現在検討中。(Yahoo!ニュース<10月25日付>より)


つい最近、被写体の目にスタッフが写りこんでいたというのがありましたが、今回のは再起をかける企業イメージCMというテーマだけに、ちょっと笑えないッスね( ̄▽ ̄;)

ネットの特設ページで「星空見上げるプロジェクト」と打ち上げていながら、天体観測に詳しい人が皆無というのも、仏作って魂入れずというか何と言うか…色々と「残念」ですなぁぁぁ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト