menu

テレまめ

【べっぴんさん】キーパーソンとして「あのヒロイン」が!

現在放送中のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に、2014年の朝ドラ「マッサン」のヒロインを務めたシャーロット・ケイト・フォックスが、20日から登場することが発表された。

通訳の夫を持ち、日本で暮らす婦人エイミー・マクレガー役。妊娠中にヒロイン・すみれ(芳根京子)と出会い、すみれが子供服作りを始めるきっかけをつくることになる。


同作には菅野美穂、三倉茉奈が出演しており、歴代朝ドラヒロイン経験者の出演は3人目。
シャーロットは2年ぶりの朝ドラ再登場に、「顔見知りのスタッフもいて、リラックスして撮影できました。」とコメントした。


制作統括の三鬼チーフプロデューサーは「物語のエポックとなるエイミーを演じていただける方は、シャーロット・ケイト・フォックスさん以外にないと思い、ご出演をお願いしました。」と話している。(Yahoo!ニュース<10月6日付>より

脇役だった人がヒロインとして朝ドラに帰ってくる傾向は、最近の朝ドラの「あるある」なんですが、かつてのヒロインが脇を固める主要キャラとして登場する「ヒロイン回帰の法則」も、実は朝ドラに昔からあるお約束です。

  • 「純情きらり」宮崎あおい→「あさが来た」
  • 「ひらり」石田ひかり→「だんだん」
  • 「はっさい先生」若村麻由美→「純と愛」
  • 「はね駒」斉藤由貴→「おひさま」

などなど。

前作「とと姉ちゃん」にも、秋野暢子(「おはようさん」)、岩崎ひろみ(「ふたりっ子」)と、ふたりのヒロインが。ヒロインではありませんが、唐沢寿明(「純ちゃんの応援歌」)、向井理(「ゲゲゲの女房」)のお二人も朝ドラが出世作と言えます。唐沢さんは朝ドラ再出演にあたって「恩返し」と称されていたように、懐かしくて誇らしい凱旋なのかもしれません。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト