menu

テレまめ

遅れてきたミュージカル俳優・下村青

http://www.fujitv.co.jp/kiranatsuko/index.html

元劇団四季の俳優・下村尊則が「下村青(あお)」と改名し、フジテレビ系「営業部長 吉良奈津子」(木曜・午後10時)でドラマデビューすることになった。


広告代理店を舞台に次々、予期せぬことが起きる松嶋菜々子主演の同作で、下村が演じるのは大手ドリンクメーカーの「善良そうな宣伝部長」役。07年の退団後も舞台では個性派として活躍し続けてきた下村に、強烈な存在感が期待できる。


下村の登場は第8話から。(Yahoo!ニュース<8月31日>より

ミュージカル出身でドラマにも進出といえば、市村正親さんや石丸幹二さんが思い出されます。また、若い世代では「StarS」の井上芳雄さん、浦井健治さん、山崎育三郎さんの活躍も記憶に新しいところ。

50オーバーでのドラマデビューとは、異例のニューフェイスですが、舞台で揺るぎない実績を築いてきているだけに、その個性的な演技に注目したいですね。改名された「青」というお名前もまた印象的ですが、どんな由来や意味があるのか気になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト