menu

テレまめ

【石原さとみ】新ドラマでお仕事ガールに

http://www.ntv.co.jp/jimisugo/

石原さとみが日本テレビ系連続ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(10月スタート、毎週水曜 後10:00)に主演することになった。ファッション雑誌の編集者を目指し出版社に入社するも、予想外の校閲(こうえつ)部に配属された主人公が、地味と思われていた校閲の仕事に新しい風を巻き起こす。


宮木あや子氏の人気小説『校閲ガール』シリーズが原作。篠原涼子主演の『ハケンの品格』、菅野美穂主演の『働きマン』など、数々のお仕事ドラマを生み出してきた“水10”枠は、現在も、北川景子主演で不動産屋の営業マンが活躍する『家売るオンナ』が放送中。


校閲とは、文書や原稿などの、内容の誤りや不備な点を調べ、直し正すこと。通常、校閲者は作家と直接やりとりを行わないが、悦子は作家に直接会いに行ってしまう。通常、校閲者は取材現場に行かないが、悦子は事実確認のために現場に乗り込んでいく。小説の些細な点が気になって舞台となる北海道に直行したり、週刊誌が追う事件の真実を確かめに現場に潜入したり。時には、矛盾点を作家に訴え内容を大幅に変更させることも!?(Yahoo!ニュース<8月11日付>より

「重版出来」に続く、出版業界モノ!個人的に、校正や校閲というお仕事にとても興味があるので、ドラマとは言え現場の雰囲気がどのように描かれるのか気になります。設定を見ると、校閲の仕事を不本意とするキャラクターとのことで、その角度からの仕事との向かい方にも興味がわくところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト