menu

テレまめ

ドラマ主題歌に異例の演歌

http://www.tbs.co.jp/ranmaru_tbs/

坂本冬美の新曲「女は抱かれて鮎になる」(7月15日配信開始、8月17日発売)が、TBS系連続ドラマ「神の舌を持つ男」(7月8日スタート、金曜日午後10時)の主題歌に決まった。同局の現代劇ドラマ枠では90年以降、演歌の主題歌は初めて。

同ドラマは、「TRICK」「SPEC」などで知られる、堤幸彦監督が手掛けるコミカルミステリー。3人の男女が、温泉宿で寝食を共にしながら謎の温泉芸者を探し求めて、旅する内容で向井理、木村文乃、佐藤二朗らが出演する。(Yahoo!ニュース<6月16日付>より

んっ?演歌の主題歌って…、確かに最近ではあまり聞いたことがないですね。とは言っても、坂本さんは演歌のジャンルを超えてクロスオーバーしている印象もありますので、斬新な味付けの一助になるのかもと思えます。堤監督の新作の世界観が楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト