menu

テレまめ

自分に甘く、お風呂は熱く【昼のセント酒】

待ってました!シゲさんこと戸次重幸さんの主演ドラマ「昼のセント酒」が始まりましたよ。局長をはじめとする皆様、さっちゃんのことだから早々に書くだろうと思っていたでしょ?ええ、書いちゃいますよ(笑)。

http://www.tv-tokyo.co.jp/sentozake/

内海孝之(戸次重幸)は、日の出広告株式会社の営業二課の営業マン。だが要領が悪く、営業成績はいつも課のビリっけつで、二課の実績の足を引っ張っては、上司の堂島(八木亜希子)からいつも嫌味交じりに叱咤されている。内海もそれなりに仕事を頑張ろうとはしているものの、営業中に町中で銭湯を見つけると、入りたくなる誘惑から逃げられなくなるのだ。

仕事をサボって昼の日中から湯につかり、その後にビールを飲むという、背徳にして至福の瞬間を求めて、内海は今日も「今日だけは、ということで」と自分に言い訳しつつ、ネクタイをほどきながら銭湯の暖簾をくぐる。

原案は「孤独のグルメ」の原作者である久住昌之さんのエッセイ本。ドラマ版「セント酒」も「孤独のグルメ」と同じく、特に大きな事件が起こるでも、劇的な展開があるわけでもなく、メインは入浴の気持ちよさ、風呂上りのヒリつく喉に流し込むビールの美味さ、つまみに食べる一品との遭遇の悦び!なワケです。

ギリギリまで我慢した後に、喉を鳴らして生ビールを飲んだ内海の心情は、突然ライティングが切り替わり、大仰な一人芝居のように賛美の言葉を並べたてて表現されます。「孤独のグルメ」の場合は、心の声がナレーションで聞こえてくるだけですが、下戸の五郎さんには知りえない、酒飲みならではの感動があるのですね(笑)。

そしてなんといっても見どころは、シゲさんの裸体!(断言!!)いわゆる細マッチョの、シゲさんの作り上げられた全裸をご堪能ください。ビールより、つまみより、私はコレが大好物。あ、ヨダレが…。なにしろ銭湯がメインですから、放送時間の約半分(またはそれ以上)がハダカ。銭湯好きの男が銭湯に入っているだけなので、不自然に体を隠すようなことはなく、巧みなアングルとカットを駆使して、ポロリ寸前の絶妙な映像が見どころです。(再び断言!)

「今日だけは」と言いながらも、内海はポケットの中に入湯料がきっちり入った小銭入れを用意し(お釣りのないように払うのがマナー)、鞄の中にタオルその他のお風呂セットを用意し、世間の皆様が額に汗して働いている時間に銭湯に入ることを「申し訳ない!」と詫びながらも、表情はこの上ない幸せに満ちています。

会社へは一応「ノーリターンで」と連絡済みでも、勤務時間内に飲酒するんですから、もう確信犯。俗に、酒好きのことを「辛党」と言ったりしますが、内海の場合、自分に対してはとことん甘いんです。

深夜の飲食映像は「飯テロ」と呼ばれて、食欲のツボを刺激されるものですが、「セント酒」はビールが欲しくなること必至です。まさかの「サボりの欲求」まで呼び起されるかも!?

※元記事:コラム「さっちゃんはね、テレビが大好きホントだよ♪」(テレビる毎日公式メルマガ[週刊・テレビる毎日]第788号)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト