menu

テレまめ

【バッテリー】ノイタミナでアニメ化

実写映画やテレビドラマ化もされた、あさのあつこの小説「バッテリー」がテレビアニメ化され、7月からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送されることになった。東京都内で開かれた「ノイタミナプロジェクト発表会2016」で発表されたもの。

「バッテリー」は、飛びぬけた才能を持ち、プライドの高い投手の原田巧と、温厚な捕手・永倉豪が出会ってバッテリーを組み、お互いが影響されあっていく…というストーリー。累計発行部数は1000万部を超え、1997年には第35回野間児童文芸賞を受賞。林遣都主演で映画化されたほか、中山優馬主演のテレビドラマも放送された。

アニメの監督は望月智充(「海がきこえる」)、キャラクター原案は志村貴子(マンガ「放浪息子」)、キャラクターデザインと総作画監督は草間英興(「ハイキュー!!」)、千住明(「機動戦士Vガンダム」など)が音楽を担当し、ゼロジー(「俺物語!!」制作協力など)が制作する。声優陣は内山昂輝(原田巧)、畠中祐(永倉豪)など。(Yahoo!ニュース<3月17日付>より)

「次回予告」と「今後のラインナップ」が大好きなさっちゃんです、コンニチワ(笑)。発表会では、その後は「舟を編む」(7月期)、「クズの本懐」(10月期)、「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた♭」(1月期)と続くことなどが発表されたもようです。

「バッテリー」も「舟を編む」も、既に実写版映画が公開された後でのアニメ制作、しかもファンタジーやSFではない人間ドラマをアニメで表現ことに興味をそそられますね。微妙な心の機微をアニメならではのテクニックで描かれることに期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト