menu

テレまめ

【アニメ再放送】なぜ他局で?

http://www9.nhk.or.jp/anime/shingeki/

アニメ「進撃の巨人」が今年1月からNHKのBSプレミアムで再放送されている。同アニメは、そもそもは2013年の4月から9月まで大阪のMBSなどで放送されていたが、時を経てNHKで再放送されることになった。


また、NHKでは第1期が同年1月から3月までTOKYO MXテレビや読売テレビ、テレビ愛知などで放送されていたアニメ「ラブライブ!」のEテレでの再放送も1月から行い、アニメファンの話題を集めている。

アニメ専門誌の編集者によると、「ドラマやバラエティー番組がテレビ局主導で制作されるのに比べて、アニメ作品は制作会社や広告代理店、制作委員会などの制作の比重が大きいことが関係している。」

例えば、『機動戦士ガンダム』は名古屋テレビのほか、創通エージェンシーや日本サンライズが制作に携わっており、名古屋テレビ以外のさまざまな地方局やインターネット動画配信サービスで再放送されている。

『ドラえもん』も、いまでこそテレビ朝日のイメージが強いが、1973年に放送された第1期シリーズは日本テレビ動画が制作し、日本テレビで放送されていた。このように、制作段階で放送局の影響力が大きく働くドラマやバラエティー番組に比べると、アニメに関してはそれほどテレビ局の意向が強く働かないことが作用しているようだ。(Yahoo!ニュース<2月29日付>より)


「ラブライブ!」の再放送がEテレで、というニュースを聞いた時には、確かに「どうして?」という印象がしましたが、制作局よりも制作会社のカラーが強いというのも、なるほど納得な感じですね。CSのアニメ専門チャンネルでも制作局に関係なく、各作品が集められて放送されているので、アニメーションは、既に「世界のスタンダード」としてのジャンルになっているということでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト