menu

テレまめ

テレ東新春時代劇【信長燃ゆ】

http://www.tv-tokyo.co.jp/nobunaga.moyu/

テレビ東京が1979年から毎年1月2日に放送している新春時代劇の38作目で、東山紀之が主人公の織田信長を演じる「信長燃ゆ」に、寺尾聰、石丸幹二が出演することが明らかになった。信長の天下統一を阻む朝廷の要人・近衛前久を寺尾、信長を裏切り「本能寺の変」を起こす明智光秀を石丸がそれぞれ演じる。


「信長燃ゆ」は、直木賞受賞作家・安部龍太郎氏の同名小説を原作に、天下統一を志した信長と朝廷の対立という視点で描く歴史大作。

本能寺の変で信長を襲ったことで知られる光秀に扮する石丸は、「明智光秀はどういう思いで『本能寺の変』を起こしたのか。諸説ありますが、今回の描かれ方はすごく好きです」と今作における光秀像について言及。「男として生きざまに共感するものがありました。この役とめぐり合えてよかった」とコメントしている。


「信長燃ゆ」は2016年1月2日放送。時間は未定。(Yahoo!ニュース<11月12日付>より

またまた、お正月ドラマの話題ですね。話題に取り上げられているだけで、訳もなく気忙しくなります。

信長も歴史上の人物としては人気の高い人ですが、鮮烈なキャラクターだけに賛否もまた多く、描かれ方が様々ですね。東山さん流の信長はいかに。また、光秀の扱われ方がどうなるかで、「本能寺」は何通りもの解釈ができますね。さてさて、石丸光秀はいかに。

ところで、寺尾さんがインタビューで答えた、

東山君のスマートで端正な顔立ちは、自分よりよっぽど美しいお公家が似合うなと思っています。

というコメントに、妙に納得してしまっています(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト