menu

テレまめ

斎藤工と窪田正孝がドラマでバディに

http://www.ntv.co.jp/himura/

作家・有栖川有栖(ありすがわ ありす)による「火村英生シリーズ」の実写ドラマ化が決定し、究極の犯罪に陶酔する犯罪学者の主人公・火村英生役に斎藤工、火村とバディを組む推理作家・有栖川有栖(通称アリス)役に窪田正孝がキャスティングされた。


原作は20年以上続くロング・セラーシリーズ。謎と闇を抱えながら犯罪捜査にストイックにのめり込んでゆく火村と、彼の脆弱さを救おうと使命感を持つアリスの2人が、お互いの欠点を補い合いながら犯罪捜査を繰り広げる本格ミステリーだ。

http://www.saitoh-takumi.jp/


主演を務める斎藤は「スタイリッシュな作品にしたい」と語り、共演の窪田については「彼の俳優としてのスペックに驚かされていた」と明かした。

日曜ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(仮)は日本テレビ系にて2016年1月スタート。(Yahoo!ニュース<10月28日付>より

http://www.stardust.co.jp/section3/profile/kubotamasataka.html

これはまた、旬なお二人がバディに。初共演かと思いきや、よく考えたら、朝ドラ「ゲゲゲの女房」で、水木プロのアシスタントの倉田と小峰として共演されていましたね。あの時も対照的な性格の2人として描かれていたと思いますが、今回も「お互いの欠点を補完しあう相棒」ということで、タッグの醍醐味が味わえそうな予感です。

ホームズとワトソン、ブッチとサンダンス、ジョン&パンチ、タカとユージ、右京さんと冠城くん、サイコーとシュージン、テッドとジョン(あ、何となく微妙にズレてきた気が…)昔も今も、男同士のバディ・ムービーはテッパンですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト