menu

テレまめ

【中村蒼】役作りで剃髪

http://blog.fujitv.co.jp/mutsu/index.html

俳優の中村蒼が、西島秀俊が主演するフジテレビ系連続ドラマ『無痛~診える眼~』(10月7日スタート、毎週水曜 後10:00)で、“先天性無痛症”と“無毛症”を患う青年・イバラを演じることになり、役柄に合わせて覚悟を決め剃髪にした。


原作は現役医師である久坂部羊氏の『無痛』で、現代医療制度の矛盾を突き、責任能力の有無によって心神喪失者・心神耗弱者の罪を罰しない、あるいは軽減することを定めた刑法39条の是非を問う社会派ミステリー。ドラマは、一見うだつの上がらない開業医・為頼(西島)が、人間の健康状態や病気の進行状況を読み取る観察眼を駆使して事件を解決する姿を1話完結で描いていく。


中村は「イバラはすごく特殊な役どころなので、見た目を変えることで、演じる素地ができた」と語りつつも「ビジュアルばかりにとらわれ過ぎずしっかり内面を作っていきたい」と力を込める。剃髪姿については「インパクトがありすぎるので、なるべく人と会いたくない(笑)」と語った。

そのほかのキャストには、伊藤淳史、石橋杏奈、伊藤英明、浅田美代子、津嘉山正種といった実力派俳優陣が揃う。(Yahoo!ニュース<9月22日付>より)

中村さんと言えば、濃い眉が特徴といってもいいくらいでしたが、一気にエキセントリックなムードで、がらりとイメージが変わるものですね。

ドラマの方も、原作者が現役のお医者さんということで、海堂尊さんの「チームバチスタシリーズ」や、大鐘稔彦さんの「孤高のメス」のようにリアルかつ大胆な展開が期待できそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト