menu

テレまめ

まれをいろいろ【NHK連続テレビ小説「まれ」】

今週の私は、木曜日の朝に報道された戸次重幸さんの結婚の報に、動揺…なんて、べ、ベ、別に、してないですよ(笑)。ネット上にあふれるファンやメンバーからのおめでとうコメントに心を熱くしているさっちゃんです。

http://www.nhk.or.jp/mare/

そのメンバーのお一人の大泉洋さんが出演しているNHK朝ドラ「まれ」がラストスパート、あと2週となっております。

朝ドラの新作が発表になる度に私が気にするのは、ヒロインよりもむしろその両親役。新人・若手が抜擢されるヒロインを盛りたてるべく、人気・実力を兼ね備えた俳優さんが両親役として脇を固めることが多いため、ヒロインに並ぶ注目をしているというわけです。そして今作では大好きな大泉さんが父親、常盤貴子さんが母親役ということで、いつにも増して楽しみに視聴しておりました。

朝ドラは「女性の生き様」がテーマになることが多く、ストーリーの中で結婚出産を経るパターンがよくあるので、その親役には「孫」ができることになる…ということも、キャスト発表の時から予想していました。

果たして、希(土屋太鳳)にも匠・歩実の双子が誕生し、先週の放送では、常盤さんが自分のことを「ばぁば」と言うシーンがありまして。「常盤ちゃんがばぁばで、洋ちゃんがじぃじ…」と、本筋とは関係ないところで感慨に耽ってしまいました(笑)。

さて、希の妊娠・出産という展開に対しては、

人生設計立てていたハズなのに迂闊すぎる

といった意見がネットなどを賑わせていましたが、これに関して私は、もともと希の人生設計は10代の頃から、極めて都合のいい理想論で「絵に描いたモチ」(いや、絵に描いたケーキか?)なので、これは設計が裏目に出るフラグが立ったなと、素直に思っていました。

それよりも、漆器を扱う仕事をしながらも、圭太(山崎賢人)が結婚指輪をしていることの方が、器に傷をつけそうで、危なっかしくて「それはナイ!」と思ったのですが。

終盤のストーリーの方は、希のケーキ職人としての大成と共に、失踪中の父・徹の消息がキーポイントとなりそうです。

ちなみに、いつも明るいイメージの大泉さんが演技で見せる切ない表情が、私のギャップ萌えポイントでして、例えば「龍馬伝」の近藤長次郎の切腹シーンなんてもう堪らないんですが、先週の放送で数度だけ姿を見せた、徹が情けなく微笑む姿に、私の中の萌え子ちゃんが「早く先を見せろ!」と騒いでおります。

朝ドラのお約束として、最終回のラストシーンは、ヒロインが明日に向かって視線を伸ばしているカットで終わることは分かってはおりますが、そこに至るまでにもうひと山、苦悶していただきましょうね。(←ドSかっ!)

※元記事:コラム「さっちゃんはね、テレビが大好きホントだよ♪」(テレビる毎日公式メルマガ[週刊・テレビる毎日]第758号)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト