menu

テレまめ

ヤメられまへん【ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜<最終話>】

ええ〜、1年の半分が終わろうとしております。ウソみたいだろ、本当なんだぜ。ということで、4月期のドラマも次々と最終回を迎えていますね。

http://www.tbs.co.jp/yamegoku/

6月18日に最終話を放送したのがTBSの「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」。ワタクシ、都合により(←何の都合なんだか(^_^;)6話以降を視聴したのですが、なかなかに疾走感のあるストーリーと個性的(すぎる)登場人物たちで、面白いドラマだったと思います。何より、主演の大島優子さんの目力強い表情とアクションシーンに見ごたえがありました。

演出の堤幸彦さんは、同じTBSで「ケイゾク」「SPEC」と、アクの強い女刑事や味の濃い脇役を描いてきましたが、今回も鮮烈な印象を刻みつけるキャラクターたちでしたね。

そして本筋と共に面白いのが、そこここに散りばめられた小ネタの数々。

最終回では、いきなり最初の場面で「足抜け課」の廊下に、警察には不似合いな数人の人物が立っています。最初のほうのカットではなんとなくスルーされるのですが、次のカットで石山室長(田中哲司)が二度見して、

それ、俺がらみ?

とツッ込みます。

廊下にいたのは、

「ごくせん」のヤンクミ、「TRICK」の山田奈緒子、「テンペスト」の真鶴、「リング」の貞子という、いわば「仲間由紀恵ーズ」。

田中さんの奥様ですね(笑)。(できれば、「花子とアン」の蓮さまも入れて欲しかったところですが)

思えば「TRICK」も堤さんの作品ですしね。これから最終回のヤマ場が始まるぞ!と身構えている視聴者の腰を思いっきり折って、揉んでくれました(爆)。

話の中でも随所に小ネタが挟み込まれていたのですが、その数々をかいくぐった後に迎えたラストシーン。神社の縁日のお面屋さんには、なぜか、裏番組「アイムホーム」で出てくるあの白い仮面が並んでいて…。ちょっと放心していたところだったので、思わず声をあげて笑ってしまいました。

主人公・麦秋の「恨みからの足抜け」には決着がつきましたが、佐野くん(勝地涼)の行方が気になります。これは、年末あたりにスペシャル制作の伏線なんでしょうか?ヤメゴク、しばらくヤメられないかも。

※元記事:コラム「さっちゃんはね、テレビが大好きホントだよ♪」(テレビる毎日公式メルマガ[週刊・テレビる毎日]第746号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト