menu

テレまめ

「永遠の0」向井理でドラマ化

作家百田尚樹氏(58)の小説「永遠の0」がテレビ東京でドラマ化される。同局開局50周年特別企画で、俳優向井理(32)が主演。来年、3夜にわたり放送される。
 原作は累計販売部数が530万部を超えた人気小説。昨年12月に岡田准一(33)主演で映画化され、観客動員数が700万人を突破する大ヒットとなった。今回は、向井が誰よりも生きることに執着しながらも、太平洋戦争の終戦間際に、特攻隊員として命を落とした零戦パイロットを演じる。
  岡部紳二プロデューサーは「向井さんはその端正なたたずまいの中にサムライのような信念を感じさせる役者。極限状況の中、愛と平和への思いを貫いた孤高の男を演じられるのは彼しかいない」と説明。映画版には登場しなかったエピソードや人々を原作により忠実に描き、太平洋戦争の戦史についても、同局の映像資料を用いて詳細に描いていくという。 クランクインは今月中旬の予定。(※Yahoo!ニュース<6月4日付>より

映画の大ヒットが記憶に新しいですね。それだけに「映画のほうが決定版!」といった印象が今のところは強い気がするのですが、ドラマ版は3夜連続ということで、映画では収めきれなかった描写をどのように表現してくれるのか、興味の湧くところです。

来年は終戦から70年の節目の年ということもあって、あらためて考えさせられる内容になりそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

特別企画

関連サイト